国際風俗連盟

超インターナショナルな僕の風俗体験談

ほんのちょっとした天然が良い感じ

投稿日:2016年9月12日

ホテルに入って10分位でデリヘル嬢の到着です。スタッフお任せした通りの綺麗な女の子が、コンコンとノックしてくれました。この瞬間が最高に良いですね。おそらく土日休みなら土曜の朝が一番好きという感覚に似ていると思います。もっとも待ちすぎてもテンションが下がりますから、10分出来てくれるのもうれしいですが、逆に心の準備が出来てない時もあるので20分とか30分くらいの時間がいいのかもしれません。もっとも待ち時間的には私にこのお店が合ってるような気がします。女の子は正直、本当に可愛いです。丁寧な態度に話し方がいいし、かつ色っぽいですね。若いと思うのですけど、大人の色気があって、香水のいい匂いに気絶しそうになりました。この界隈のお店は可愛いデリヘル嬢が多いと個人的には思いますよ。丁寧な話しかたから徐々に打ち解けて、プレイもとても丁寧だったのですが、それより印象的なのは、気が利くという事ですね。プレイが終わると渡すの忘れてたぁとお茶を渡してくれる天然さがキュートでしたよ。

上から順番に舐めてくるゾクゾク感

あまりにもタイプなデリヘル嬢だった為に、会った瞬間からチンコが反応します。軽く時事トークを交えながら女の子が色々と準備を進めるのですが、この子とこれからエッチな事をするのだと思うとムラムラしてきます。学生時代ぶりになるのかな、この感覚に変な緊張感すらあったぐらいですよ。準備が一通り終わって一緒にバスルームに。デリヘル嬢ボディ全身を使って私の体を丁寧に洗ってくれます。さりげなく乳首を触ると「いやん、感じやすいからそこはダメ・・」との事。男心をくすぐる言葉を自然とぼそっと言ってくるすごくチャーミングな女の子なのです。この辺りから、風俗に来たのではなく恋人と一緒にホテルに来たのだと気持ちを入れ替えることにしますよ。バスルームから上がって一緒にベッドへ。長めのディープキッスをしながら、お互いがお互いの体をまさぐり合うのは、むさぼりあうって言ったほうがいいかもしれません。そのまま私の体を、上から順番に舐めてきて最後はちんこをパクリンチョです。